FC2ブログ

(有)村川石材 アグレッシブ ライフ

石屋のおかみのひとりごと

お墓の今昔


令和元年5月28日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/



朝方 雨も上がり、今日はいい天気です。

なのに洗濯機が壊れてしまいました(´;ω;`)ウッ…

どうしよう・・・・




さてさて、今日はお墓の話。

昔は、お墓を作るとなったら、そこそこの地元にいる石屋さんが、

地元から出る石を加工して、文字を彫って建てていました。

通り沿いに石屋さんの小屋があって、カッチン コッチン って音が聞こえていましたよね。


でも、今や世界中の石の中から お墓の石を選ぶことができます。

霊園に行くと、色とりどりの石で作ったお墓が建っていますよね。


それに、昔はお墓に文字くらいしか彫ってなかったのに、

最近のお墓は、絵柄なども彫ってます。

絵柄に色を入れたりして、お墓のイメージが明るくなったような気がします。


今回のお墓は、花立に桜を彫りました。

ゴムシートを貼って桜の絵を写し、彫る場所を切り抜きます。

DSC_0039.jpg


納骨室の扉には家紋を彫りました。

今回は金箔を入れるので、カシュー(金箔の接着剤の役割)を塗ってからゴムシートを剥がします。

DSC_0047.jpg

DSC_0048.jpg


金箔を入れて完成です。

DSC_0046.jpg





家や洋服、食べ物などが時代と共に変わるように、お墓の形も変わっています。

形が変わっても、お墓がある意味は変わってないと思います。


お彼岸やお盆以外でも、お墓に行ってみてはどうでしょう。




スポンサーサイト


  1. 2019/05/28(火) 13:52:46|
  2. お墓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<苔を使って | ホーム | 石碑建立 落成式>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsubakiokan.blog103.fc2.com/tb.php/287-5132d2fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)