FC2ブログ

(有)村川石材 アグレッシブ ライフ

石屋のおかみのひとりごと

お墓の今昔


令和元年5月28日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/



朝方 雨も上がり、今日はいい天気です。

なのに洗濯機が壊れてしまいました(´;ω;`)ウッ…

どうしよう・・・・




さてさて、今日はお墓の話。

昔は、お墓を作るとなったら、そこそこの地元にいる石屋さんが、

地元から出る石を加工して、文字を彫って建てていました。

通り沿いに石屋さんの小屋があって、カッチン コッチン って音が聞こえていましたよね。


でも、今や世界中の石の中から お墓の石を選ぶことができます。

霊園に行くと、色とりどりの石で作ったお墓が建っていますよね。


それに、昔はお墓に文字くらいしか彫ってなかったのに、

最近のお墓は、絵柄なども彫ってます。

絵柄に色を入れたりして、お墓のイメージが明るくなったような気がします。


今回のお墓は、花立に桜を彫りました。

ゴムシートを貼って桜の絵を写し、彫る場所を切り抜きます。

DSC_0039.jpg


納骨室の扉には家紋を彫りました。

今回は金箔を入れるので、カシュー(金箔の接着剤の役割)を塗ってからゴムシートを剥がします。

DSC_0047.jpg

DSC_0048.jpg


金箔を入れて完成です。

DSC_0046.jpg





家や洋服、食べ物などが時代と共に変わるように、お墓の形も変わっています。

形が変わっても、お墓がある意味は変わってないと思います。


お彼岸やお盆以外でも、お墓に行ってみてはどうでしょう。






  1. 2019/05/28(火) 13:52:46|
  2. お墓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お墓になるまで №6



令和元年5月15日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/




昨日 気づいたんですが、令和になった日に令和元年と書いて、

それ以降ずっと平成31年って書いてました。

てか、言い訳すると、コピペしてたんですけどね・・・(=∀=)

自分で言った先から 間違ってました(。>ω<。)ノ





さて、

「お墓になるまで」  前回、お墓の基礎コンクリート打ちまで お話ししました。・・・っけ??

間に違う話を入れるので、なかなかお墓が立ちませんバイ(´∀`*)



基礎コンクリートが乾いたら、土台になる石を組みます。

ここが 後々 上部を建てる基本の部分となるので位置が重要です。

20161217_155558.jpg

081117_0817~0001


そして、徐々に上に組んでいきます。

これは九州に多い形ですが、地上納骨室があります。 舞台とも言います。

地下納骨に比べて、湿度が少ないですね。

納骨の際にも骨壺が入れやすいです。

IMG_5366.jpg

PC070135.jpg

あと、竿石を乗せて、周りを仕上げたら完成です。

IMG_6986.jpg

0055.png

0077.png

0066.png

20161219_133948.jpg

20161219_102909.jpg

以上、「お墓になるまで」やっと完成しました。

では、また!


今日も良い一日でありますように!




  1. 2019/05/14(火) 14:51:19|
  2. お墓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

令和最初の墓建て


平成31年5月4日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/



今日の佐賀県は とってもいい天気です\(^o^)/

GW後半は絶好の行楽日和ですね~

なので車やバイクも多いです。

安全運転で気をつけてくださいね!



そんな中、仕事の話で申し訳ない(T_T)


令和になって最初の仕事は 墓建てでした。

001.png

お客様から お墓を建てたいとのご依頼があり、打ち合わせの時に平成か令和か、どちらの時代に建てるか

選択して頂きました。

お墓を建てるときは、お墓の横か後ろに建立年月日を刻みます。

そこに、「令和元年五月吉日 建之」と入れるのです。


そして、5月1日に建てました。

シンプルに綺麗なお墓に仕上がりました。


弊社にとっても、令和元年 第1号のお墓として心に残るお仕事になりました。

ありがとうございました。



残りの連休も楽しんでくださいW(`0`)W




  1. 2019/05/04(土) 17:11:54|
  2. お墓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お墓になるまで №5


平成31年4月25日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/



今日の唐津は、曇り・・・少し雨 です。

今日の午後は、大きな石の看板を建てる工事があるので、雨は降らないで~



3月に連載していた「お墓になるまで」の最終段階、建て前を

まだ書いていませんでした(^-^;


お墓を建てる時は、家を建てる時と同じように、基礎をします。

霊園などは、基礎工事をしなくてもいいところもあります。



①基礎工事
PC020109.jpg

型枠を組んで鉄筋を入れます。

01_20190425111912844.png

20160905_153811.jpg

コンクリートを入れます。

DSC00383.jpg

02.png

綺麗に基礎が打てました。

この状態で乾くまで置いておきます。

03.png

20160905_171200.jpg



次回は、お墓本体の完成です。


では また!

午後からも頑張りましょう!!




  1. 2019/04/25(木) 11:26:53|
  2. お墓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お墓になるまで №4


平成31年3月1日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/


今日から3月です。 

新しいことに向かって

「いざ、挑戦」ですばい!!





さてさて、前々回の続き・・・

お墓になるまでには、山から石を掘り出して、

いろんな作業をしていきます。



工場の中へ入れて切削機で切りました。

切ったら次に磨きます。

DSC00409.jpg

砥石を何度も変えて磨き上げます。

DSC00415.jpg



お墓の前に置いてある、お供え物の台や、線香立てなどは、

形が複雑なので、手作業で造って、手磨きします。

これぞ、職人ですね~。

DSC00414.jpg

基本の形はありますが、

お客様の好きな形に造ることができます。



工場の中で最後の仕事は、文字彫りです。

まず、ゴムシートを貼って文字を写し、彫る部分をカッターで切り取ります。

今は自動で切り取れる機械もありますが、

うちは まだアナログで頑張ってます(^-^;

01ぼかし

切り取りが出来たら、箱の中に石を入れて

サンドブラスト(砂とエアーを吹きつけます)で文字や絵柄を彫っていきます。


DSC00389.jpg

箱の中は こんな感じ。

字彫り4

綺麗に彫れました。

DSC00393.jpg


お墓の準備が出来たら 

現場で建て前です。



今日は ここまで(*^-^*)



季節の変わり目です。

体調を崩さないように気をつけてください。





  1. 2019/03/01(金) 11:06:17|
  2. お墓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ