FC2ブログ

(有)村川石材 アグレッシブ ライフ

石屋のおかみのひとりごと

郷愁の碑 №3


令和2年7月1日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/



今年の前半は、新型コロナウイルスの影響で何もかもが予定通りにならず、

大変な年の始まりになりましたね。



その前半もなんやかんやしてるうちに、あっという間に終わりました。

今日から7月。 ここ、唐津の海も今日、海開きをしました! 夏ばい(@^^)/~~~

でも、もう少しだけ梅雨を楽しみましょう!




さて、前回の続き。

石碑にゴムシートを貼り、書いた文字を切りました。

今度は、文字を彫る部分のゴムシートをはがします。







カッターで切る時に、綺麗に切っておくと

スムーズに気持ちよくゴムシートをはがすことが出来ます。




今日はこの辺で!!


梅雨の時期、体調を崩さないように気をつけてくださいo(^▽^)o



スポンサーサイト



  1. 2020/07/01(水) 14:55:38|
  2. 石碑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

郷愁の碑 №2


令和2年6月23日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/




今日も ピーカンいい天気です!




石碑とか、お墓の文字ってどうやって彫ってるんだろう??

って思ってるアナタ (゚∀゚)


今日は特別に動画で見せちゃいましょう!!

(ゴムシートに写した文字を切り抜く作業)



石職人の技、いかがでしたか?

コンピューターやロボットにも負けてませんね。

手切りの良さっていうのもあるかな~



では、また(^-^)/



  1. 2020/06/23(火) 15:01:36|
  2. 石碑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

郷愁の碑 №1



令和2年6月22日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/



梅雨が明けたかのような いい天気です!

洗濯物がよく乾きます(*^-^*)  





全国でもたくさんの山郷だった場所にダムが出来、その地区全部がダムの底になったりすることがあります。

先祖から受け継いだ家や畑・・・思い出の場所が・・・

そこに住んでいた人たちは決して喜んで生まれ育った場所を

離れていった訳ではないと思います。


苦渋の決断だったことでしょう。




でも、そのダムの水によって下流の人々や田畑、工場など助かることがたくさんあります。





今回、村川石材では、そんな思いをされていた方からの依頼で

ダムを見渡せる自分の山に、石碑を建てることに携われるようになりました。

ダムというか、生まれ育った郷を見渡せる場所ですね。



何度か足を運んでいただき、石が決まりました。

1592805060626.jpg



弊社の採掘している「椿石」です。


石碑と一緒に お地蔵様も建立します。


石碑に貼ったゴムシートに 施主様が考えられた文を写します。

DSC_1276.jpg


ゴムシートに写したので、これから彫る部分を切り抜きます。

1592805056772.jpg




石碑に刻まれた文が、その方たちの思い、全てだと思います。



弊社も、施主様の思いを形にすることに携われて嬉しく思います。


ありがとうございました。



  1. 2020/06/22(月) 15:53:39|
  2. 石碑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さざれ石  「つなぐ」


令和2年6月16日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/



今日は梅雨の晴れ間でいい天気です!

でも、暑すぎ(◎_◎;)




いつもブログを見てくれて ありがとうございます!(*^-^*)

なのに、更新をサボってばかりでゴメンナサイ・・・:(´◦ω◦`):

ボチボチ更新しますので、懲りずに見てくださいね!





「さざれ石」って聞いたことがありますよね!

そう!日本の国歌に出てくる「さ~ざ~れ~い~し~の~♪」って!

その「さざれ石」を以前、設置したことがあって、

その横に国歌の石碑を建てました。

0101_20200616160228995.png

個人の方ですが、立派なお庭です。

ちなみに、この石碑も、敷いている御影砂利も「椿石」です。




以前、伊万里市南波多町にある「冨田神社」にも

「さざれ石」を建立しました。

P8260740.jpg


さざれ石は、長い年月をかけてたくさんの小石が集まり一つの大きな石の塊になっていったものです。

一口に長い年月と言っても、気の遠くなるような長い長い年月でしょう。

そこにまた、長い年月をかけて、少しずつ苔が生えてきます。




自分一人の代では、小石が塊になり、苔むすまでを見ることが出来ません。

自分の代だけではなく、過去から未来へ繋いでいく。


なので、大変 縁起の良い石だと言われています。




てなことで、

今日は、この辺で締めときましょうヽ(´∀`)ノ



では、明日もいい日でありますように!




  1. 2020/06/16(火) 17:02:43|
  2. 石庭工事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山門横の塀 石工事


令和2年6月3日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/



ムシムシ暑いです~(◎_◎;)

北部九州も そろそろ梅雨入りかな~




さて、今回の仕事は お寺の山門横の塀のスソを切って

石に変える工事です。


元々、木の塀のスソが地面に当たっていました。

塀の下の方から 水分を含み、傷んでくるので

石に変えます。

0123.png


勝手口もついているので、綺麗に切らないと!

20200525_105049.jpg



バッチリ!綺麗に据え付けができました!

20200526_140155.jpg

20200526_140202.jpg

0124.png



石職人の仕事でした!(^^)!

梅雨前に完成して良かったです。



ありがとうございました(^∇^)ノ




  1. 2020/06/03(水) 16:06:07|
  2. 神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ