FC2ブログ

(有)村川石材 アグレッシブ ライフ

石屋のおかみのひとりごと

加唐島、百済第25代 武寧王生誕地石碑


令和2年9月25日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/




今日は晴れてほしい~!って、朝、神頼みしました。

そうしたら、晴れてきましたよ~!!




今日は、佐賀県唐津市鎮西町加唐島で、除幕式があったんです。

加唐島は、唐津市呼子町から船に乗って15分くらいのところにある島です。

島なので、悪天候なら船が出ないこともあります。

除幕式には、たくさんの人が来るので、とても心配していました。






数か月前に、福岡大韓民国総領事館より、加唐島に「百済第25代 武寧王の生誕地」と刻んだ

石碑を建てたいとの依頼がありました。

以前から碑は あったのですが、木製だったので、今度は石の碑に置き換える仕事でした。






建てる場所は、海岸から少し上がった場所です。

20200831_093340.jpg




写真の、石がゴロゴロしているところは海岸で、左側は海です。

写真右側の洞窟のような場所に建てました。

20200925_113705.jpg


(施工前)
DSC_1234.jpg


(施工後)
20200925_124608.jpg

石は韓国の栄州石を使っています。





何度も加唐島に行き、無事に石碑を建立し、今日の除幕式を迎えることが出来ました。

今回の石碑建立工事に際して、福岡大韓民国総領事館の方々、

そして、加唐島の区長様を始め、島民の方々には大変お世話になりました。



良い仕事をさせていただき、ありがとうございました。




スポンサーサイト



  1. 2020/09/25(金) 16:01:34|
  2. 石碑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お骨のお引っ越し


令和2年9月24日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/



北部九州、今日は雨です。

朝晩が涼しくなってきましたね~

朝、布団から出たくない季節です(*^-^*)





さて、

転勤や新築などで住んでいる家を変わることは、ありますよね。

その時に、役所に住所変更の届けをします。

お墓の中に入っているお骨も同じなんです。




お骨を違う場所に移すことを「改葬」(かいそう)と言います。

近年、お墓の場所が遠くてお墓参りになかなか行けない・・・とか、

墓石から納骨堂に移す・・・

お墓の承継者がいない・・・などで改葬が増えています。




お墓の移転や納骨堂に移すなど、お骨の場所が変わる時に、「改葬許可申請書」を役所に出します。

改葬届出書には、改葬するお骨の戒名(法名)などを書き込み、

現在の場所の管理者から署名捺印をしてもらい、

改葬先の場所(お寺、霊園など)からは、墓所使用承諾書や受入証明書などをもらって

改葬先の役所に提出します。

そうしたら、改葬許可書を交付してくれます。


何だか難しそうですが、お墓がある市町村の役所や、お寺、石材店、仏具店などに聞いてみると

いいですね。




それから、

よくある仕事で、墓石の撤去などで昔の土葬を掘り上げることがあります。

この場合は、掘り起こした土葬のお骨を火葬してから改葬します。

火葬するのにも、役所に行って火葬許可証をもらって、火葬場の予約をします。






masami iphone 271






ご先祖様が建てたお墓。

今まで ずっと私たちを見守っていてくれました。

それをずっと継承していければ一番いいと思いますが、

いろんな事情で、やむなく撤去することもあります。



村川石材では、お墓の移転、撤去処分、土葬の掘り上げなどを施主様の気持ちに寄り添い、

丁寧に丁寧に、取り扱わさせていただきます。


 見てね~(*^-^*)
村川石材ホームページ



  1. 2020/09/18(金) 10:15:52|
  2. お墓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お地蔵様


令和2年9月18日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/



昨日も雨、今日も雨、 明日も雨予報です(ノ_<)

これからの季節は、一雨ごとに寒くなっていくんでしょうね。





建て前待ちのお地蔵様が、展示場内にあります。

DSC_1505.jpg

今回、施主様のたっての希望で、当社の採掘している佐賀県唐津市産の「椿石」で作りました。

制作は香川県牟礼町の坂本石芸社様に依頼しました。

とても優しいお顔をしていますね。


石屋さんがよく言う話ですが、

お地蔵様などの顔はそれを制作している人、もしくは奥様のお顔に似てくるとか(*^_^*)

やっぱり、お地蔵様などを制作していると、穏やかな気持ちになって

くるのかも!

きっと、お地蔵様を作っている石屋さんは、みんな優しいお顔をしているんでしょうね。



このお地蔵様の設置場所ですが、

かつて住んでいた場所がダム建設のために地区全部が移転せざるを得なくなり、

ご先祖様から受け継いだ土地はダムの底に沈んでしまいました。

そのダムに溜まった水によって、下流の人達が潤うようにという願いも込めて

このお地蔵様は、そのダム近くに建てられます。



完成したら、また写真などアップします。




さて、今日も雨ですが頑張りましょう!!



  1. 2020/09/17(木) 17:53:04|
  2. 神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕事日和はお寺の工事


令和2年9月14日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/



爽やかな秋晴れです!

1111.png



あの暑かった夏に比べると、風も涼しくなってきたように思います。

秋は、運動会やイベントなど行楽シーズンですが、今年はガマンガマンですね。

おうちで秋を楽しみましょう(*^-^*)






最近は、お寺の仕事が続いています。

有り難いですね。


お寺の階段の勾配が悪かったので、雨の日に水が溜まっていたそうです。

その修復工事です。

(施工前)
20200908_115452 - コピー
20200908_115422 - コピー




今日も石屋、頑張ってま~す( ̄^ ̄)ゞ



  1. 2020/09/14(月) 15:34:30|
  2. 神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お寺の工事


令和2年8月18日 (有)村川石材のブログ担当 石屋のおかん です(^-^)/




今日もバリバリ暑いです(◎_◎;)

この暑さ、いつまで続くんでしょうね・・・




さて、暑さになんか負けてられないのが石屋さんです!

依頼があれば、たとえ火の中水の中・・・💪

ちょっと大げさですか・・・





お寺の鐘楼堂の周りの巻石がずれていたのを修復する工事です。

20200702_145440.jpg

20200702_145451 - コピー

最初は隙間がなくても、徐々に隙間に入った水や砂ぼこりなどが冬は水分が凍ったりして、

長い年月が経つ間に、重たい石も押し出してしまうんでしょうね。(おかんが思うには・・・ですけど(゚∀゚))

自然の力は凄いですね。


この現象は、お墓にも多々あります。

修復の依頼もありますね。





こんな感じで修復します。


石を外して
20200817_084054.jpg


内側のコンクリートを切って
20200817_102357.jpg


再度石を置いて、今度は金具でしっかりとめます。
20200817_143047.jpg


20200817_143049.jpg


20200817_152025.jpg

終了です。
20200817_181221.jpg



ありがとうございました。


残暑が厳しいですが、お体ご自愛下さい。



  1. 2020/08/18(火) 13:49:43|
  2. 神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ